BOOK MY STAY

SHARE

Original Manta Point “Lankan Reef” in Maldives
Travel
Original Manta Point “Lankan Reef” in Maldives
WRITER: Yukari Goto PHOTOS BY: Masaaki Harada, Nobuo Kitagawa
Original Manta Point “Lankan Reef” in Maldives 13. September 2019, by Yukari Goto , Photos by Masaaki Harada, Nobuo Kitagawa
ORIGINAL MANTA POINT “LANKAN REEF”, MALDIVES
元祖マンタポイント「ランカンリーフ」@モルディブ

GB: In 1978, “Marine Diving” and “Umi to Shima no Tabi” (Travel to the Sea and Islands) were the first magazines to introduce the Maldives to the Japanese people. Since then, we have been coming to shoot in the Maldives almost every year. Having heard about the new manta ray site near Gili Lankanfushi in 1985, we went to the Maldives several times wanting to photograph the manta rays but were unsuccessful. After about one year of trying, we went to Lankan in May again for some other purpose, and that was when we met them for the first time. Back then, the best season to watch manta rays was from September to November, so it was an amazing surprise!

JP: ギリ・ランカンフシ・モルディブのすぐ南に、世界中のダイバ
ーが憧れるマンタポイント「ランカンリーフ」があります。今でこそモルディブには数多くのマンタポイントが開拓され、マンタとのランデブーを楽しんでいるダイバーが多いのですが、1980年代、初めてマンタポイントとして発見されたのがここなのです。

1978年、旅雑誌『海と島の旅』とその姉妹誌『マリンダイビング』が日本に初めてモルディブの素晴らしさをビジュアルで紹介してから40年になります。それからほぼ毎年、取材でモルディブの島々を訪れているのですが、1985年にフルレ空港のすぐ近くに、世界最大のエイ、マンタに会えるマンタポイントが開発されたことを聞きつけました。実際にマンタポイントのマンタの写真が撮りたい!と何度かチャレンジするものの出ず。が、その1年半後だったでしょうか。当時9~11月がベストシーズンといわれていたのですが、5月なのになんと20枚以上のマンタが水面に!!

取材時にそんなにたくさんのマンタがここで現れたのはこれが最初で最後でしたが、それはもう衝撃でした。上記の2誌で発表するや、マンタを見ようと多くの日本人ダイバーがモルディブを目指したものです。

GB:As soon as we published the magazines with photographs of the manta ray encounter, many Japanese people headed to Lankan to see the manta rays. Now, we know that the best season to watch the manta rays in Lankan Reef is during the southwest monsoon season, which is from May to November. There is a chance to dive with them, since this manta ray site is very close to Gili Lankanfushi.

JP:マンタポイントは今のギリ・ランカンフシ・モルディブのすぐ南にあることから「ランカンフシ」、「ランカンリーフ」などと呼ばれるようになりました。多くのダイバーの目撃例から、5月頃から11月頃の南西モンスーンの時季にマンタ遭遇率が高くなることはわかっていますが、それ以外の時期にも見られることがあります。近くて水深もさほど深くなく、流れもそんなに速くなることがないため、初日のチェックダイブに利用されることも。モルディブに行って1ダイブ目からマンタ三昧!なんて贅沢なこともできるわけです。島の近くにマンタがやってきて、スノーケリングや体験ダイビング、ダイビング講習でバッタリマンタに会うなんて幸運が訪れることもあります。

GB: But please remember the reason why the manta rays are still appearing in this area after so many years is that there are rules to protect them: do not touch or go after them. Follow these rules when diving with manta rays to keep this amazing ocean just the way it is now.

JP: このような素晴らしい海が今も見られるのは、マンタが来ても追いかけたり触ったりしないというルールが徹底されてきたからだと思います。これからも永遠にマンタに会うために、皆さまもルールを守って楽しんでいただければと思います。

This H-feature is written in collaboration with Marine Diving Managazine, Japan. Click here to find out more about Marine Diving.

EXPLORE MORE